スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットは無党派候補の“必需品”?(産経新聞)

【ネット戦略~現場報告】長野

 無党派層からの支持が“生命線”ともいえるみんなの党の新人、井出庸生氏は、正式出馬表明が5月末と他候補よりも遅れたこともあって知名度の浸透が至上命題だ。元記者らしく現場を足で稼ぐ選挙活動を基本にしながらも、ブログにはプロフィルや政策、記者会見時の動画などを公開、ミニブログ「ツイッター」も活用している。

 民主党2人目の公認候補、新人の高島陽子氏も似たような立場だ。無党派層の支持を得ようと、ホームページ(HP)に動画やブログ、ツイッターと豊富なコンテンツをそろえ、知名度の浸透に躍起だ。県議を辞職した5月11日以降ほぼ毎日ブログを更新し、演説風景などの動画も投稿している。「自分の演説を客観的にみて、不要な言葉を多用していることに気づくこともでき勉強になる」とチェックにも余念がない。

 一方、HPにプロフィル、防衛省へのリンクなどが張られた同党の現職、北沢俊美防衛相の場合、事情はやや異なるようだ。陣営では「ネットは有効なツールの一つ」と位置づけ、本腰を入れて取り組んでいるのだという。圧倒的な知名度を誇る現職閣僚とはいえ、担当の普天間移設問題が、鳩山前政権のもと迷走したこともあって楽観視などできないといったところかもしれない。

 自民新人の若林健太氏や共産新人の中野早苗氏らは立候補を表明する前からブログを活用。日々の活動内容を記しながら、ほぼ毎日更新している。

【関連記事】
動画を活用 イケメン代議士や双方向サイト
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
【勿忘草】ネット世代の活用
【Web選挙】(中)新ツールに飛びつく政治家たち 効果のほどは「?」

痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る―和歌山県警(時事通信)
家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
高速5社、社長に民間人=天下りを排除―政府(時事通信)
「辞任タイミングはセーフ」小沢氏、再生に決意(読売新聞)
<一宮殺人未遂>「黒い服の男」目撃…現場そばで数日前から(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。