スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)

 7日午後1時25分頃、東京都練馬区の遊園地「としまえん」で、人気アトラクション「フライングカーペット」に乗っていた埼玉県立所沢特別支援学校(所沢市)の高等部1年の男子生徒(15)が転落した。

 男子生徒は腕の骨を折るなどの重傷を負ったが、命に別条はないという。警視庁練馬署が詳しい状況を調べている。運営会社の豊島園は当分の間、フライングカーペットの運行を中止するとしている。

 同署や豊島園によると、フライングカーペットは40人乗りの回転式遊具で、客の乗る「カーペット」が水平状態を保ったまま振り子のように前後に動いた後、回転し最大12メートルの高さまで上がる。

 運行時は、安全バーを太もも付近に下げ、体を固定するが、転落した男子生徒はフライングカーペットが動き出した後、安全バーから両足を抜き、正座のような姿勢をとったという。係員が緊急停止ボタンを押したが間に合わず、生徒は高さ約7メートル付近の位置から約10メートル斜め後方に振り落とされたという。

 男子生徒は同校の遠足のため、教師を含む42人で訪れていた。引率の教師は男子生徒の前列の斜め左に座っていた。

 としまえんのフライングカーペットでは1992年8月、開園前の点検作業中に男性作業員(当時58歳)がカーペット部分の下敷きになって死亡する事故が起きているが、乗客の事故は初めてという。

 としまえんでは、工藤真一管理課長が同日午後6時半から記者会見し、「けがをしたお客様の一日も早い回復を祈っています。警察の捜査には全面的に協力したい」と述べた。

 ◆足を引き抜く事態想定せず◆ 豊島園によると、フライングカーペットの安全バーは締め付け過ぎないよう、太ももとの間に若干のすき間を残して固定している。座席は4人がけで、1本の安全バーを隣に座った人たちと共有する仕組みだったという。

 遊具の安全点検にあたる技術者の講習を行っている財団法人「日本建築設備・昇降機センター」(東京・港区)は「体格が全く同じでない限り、どうしても、大きな人に合わせざるをえない」と指摘している。

 事故当時、生徒の隣には2人が座っていたが、豊島園では「3人とも体格に大きな差はなく、安全バーに必要以上のすき間はなかったと思う」としており、「乗客が自ら足を引き抜くような事態は想定していなかった」などと説明している。

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
鉄鉱石運搬船が沈没=中国・山東半島沖で衝突-商船三井(時事通信)
訪問介護の院内介助、必要に応じて算定可能―厚労省(医療介護CBニュース)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。